情報が詰まったデータを様々な形で管理していく

サービス代行の利用でコストを削減する

直してもらう

気を付けるべき注意点について

データ復旧を行う方法には個人が専用ソフトを使用して、データを復旧する方法と、データ復旧の専門業者に依頼してデータを復旧する方法があります。 どちらの方法を選んでも注意点がいくつかあり、それを守らないとデータに致命的なダメージを与えてしまう場合があります。 専用ソフトを使う場合の注意点は、データ復旧を行うハードディスクとは別のパソコンに専用ソフトをインストールする必要があることです。 データ復旧を行うハードディスクにソフトをインストールするとデータが上書きされ、データ復旧ができなくなることがあるからです。 専門業者に依頼する場合の注意点は、データ復旧を行うハードディスクを分解したり、中をのぞいてはいけないことです。 ハードディスクは想像以上に清潔な場所で製造されており、ほんの少しの埃によってでもハードディスクが傷つき、データが復旧できなくなるからです。

業者選びのコツについて

データ復旧を専門業者に依頼するに当たり、知っておくと良い情報がいくつかあります。 最近の専門業者の中には見積もりが無料で、完全成功報酬型の料金体制を設けているところがあります。 もし、上記のような制度を設けている業者に依頼すれば、データ復旧ができなかった場合でもお金がかからずに済みます。 また、業者の中にはキャンペーンを行っているところがあり、初回の利用では料金が値引きされるなど、様々な特典をつけている業者があります。 キャンペーン中の業者を上手に利用することにより、通常より安い値段でデータ復旧を依頼することできるかもしれません。 今後、パソコンがトラブルに遭い、データ復旧する必要が生じたならば、上記のことを頭に入れて、専門業者を選んでみることをお勧めします。